2010年04月27日

<チェルノブイリ>医師派遣協力求め25日に報告会 広島(毎日新聞)

 旧ソ連・チェルノブイリ原発事故の被害者支援を続ける広島県府中市の市民団体「ジュノーの会」が25日、同市内で被ばく者の手記朗読など報告会を開き、活動への協力を訴える。事故は26日で発生から24年。同会が19年間続けた医師派遣は資金不足で昨年から中断しているが、甲斐等代表(59)は「現地で今も多くの人々が救いの手を待ち望んでいる」と、派遣再開への協力を呼び掛けている。

 同会は、戦後の広島に大量の医療物資を届け、被爆者治療にも取り組んだスイス人医師マルセル・ジュノーさんにならい、世界中のヒバクシャ救援を目指して80年代末に発足。チェルノブイリ事故の被害者支援に取り組み、これまでに延べ約200人の医師を現地に派遣し、甲状腺がんなど1000人以上の患者を診療した。

 また、広島の被爆者の現地訪問にも協力。98年ごろ同会と一緒にウクライナに行き、現地の学生や主婦らに被爆体験を語った久保浦寛人さん(85)=広島市東区=は「事故と戦争という違いはあれど、原子力の恐怖を味わう点では同じ。高齢の私が生き続けていることに希望を抱いた様子だった」と振り返る。

 しかし、会の財政を支えてきた都内の企業が「一定の役割を果たした」と08年に資金援助を終了。1回あたり400万~600万円という医師の派遣費用の確保が困難になり、同年を最後に派遣を中断した。その後も、現地の互助組織支援や医薬品代として年約150万円を送っているが、甲斐代表は「患者の病状は進むのに、支援は手薄になり、心苦しい。一刻も早く医療救援を再開させたい」と話している。寄託は郵便振替01370・0・29460でジュノー基金へ。問い合わせは甲斐代表(0847・45・0789)。【豊田将志】

【関連ニュース】
OBサミット:核兵器禁止条約の締結など提言し閉幕 広島
OBサミット:広島で開幕「核兵器なき世界」議題に
核兵器廃絶:プラハ演説から1年 被爆者、決意新たに
記者の目:被爆者を継続取材して思う=宇城昇(広島支局)
第九伝説:瓦礫の広島に流れた 絵本、朗読へ

<警察庁長官狙撃>アレフが違反調査請願(毎日新聞)
事業仕分け 第2弾スタート 47法人を精査(毎日新聞)
首都高でもエコカー割引検討=新料金制で、前原国交相(時事通信)
毎日新聞世論調査 内閣支持率33% 不支持は初の5割超(毎日新聞)
グループホームの6割、スプリンクラー未設置(読売新聞)
posted by キノ シゲミ at 11:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

自立支援法訴訟が終結=障害者ら国と和解-東京地裁(時事通信)

 福祉サービス利用料の原則1割を自己負担させる障害者自立支援法は違憲として、重い身体障害のある東京都板橋区の家平悟さん(38)らが、国や自治体に負担取り消しなどを求めた訴訟は21日、東京地裁(八木一洋裁判長)で、同法廃止などを盛り込んだ和解が成立した。14地裁で計71人が起こした集団訴訟は、すべて終結した。
 全国原告・弁護団と厚生労働省は1月、同法廃止のほか、低所得者の自己負担がない新しい福祉制度を2013年8月までに実施することで合意。同日午後には長妻昭厚労相も出席し、原告側と新しい制度の設計などを話し合う定期協議の初会合が開かれる。 

仙谷担当相 閣内から批判相次ぐ 衆参同日選発言(毎日新聞)
「こち亀」両さん像壊される 器物損壊容疑で捜査 警視庁(産経新聞)
<ひき逃げ>逆走し逃走の乗用車が衝突 3人軽傷 大阪(毎日新聞)
一度は必ず乗ってみたい!世界最古のモノレール「ヴッパータール空中鉄道」
毒ぶどう酒差し戻し審開始、5月にも協議へ(読売新聞)
posted by キノ シゲミ at 03:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

<こども環境フォーラム>貴乃花親方も講演 5月1日、東京・明治記念館で(毎日新聞)

 「こども環境フォーラム」(大森繁夫代表理事)は5月1日午後1時10分から、明治記念館(東京都港区)で、子供たちが環境問題について考えるきっかけにしようと「こども環境フォーラム in TOKYO」を開く。大相撲元横綱の貴乃花親方の講演も行われる。

 「こども環境フォーラム」は、08年5月、世界21の国・地域の子供たちの環境メッセージを紹介した「子ども環境サミット in KOBE」を開催するために約10万人の署名を集めた。現在は、環境活動を続ける子供たちを「環境大使」に任命するなどの活動を行っている。

 今回のフォーラムは、8~15歳の子供を対象(保護者の入場可)に、エコ活動に取り組む中高生の活動報告や、参加した子供たちが話し合って「今日から取り組むエコ活動」の発表などを行う。また、貴乃花親方と佐藤茂雄・日本工業大教授が講演する。

 参加は無料だが、申し込みが必要。フォーラムのサイト(http://www.yef.jp/page3_tokyo.html)から申し込む。

こども環境フォーラム

http://www.yef.jp

【関連ニュース】
生物多様性題材にした絵本配布などで環境教育

遮断棒折れ1.5万人影響 尼崎のJR福知山線(産経新聞)
民主内で消費税巡る議論、参院選の争点に?(読売新聞)
TカードVS.Ponta どっちが得!? 共通ポイントカード市場が活性化(産経新聞)
防犯ネットワーク整備を指示=大学生ボランティア活用も-警察庁(時事通信)
「治す」だけでなく「支える」医療を(医療介護CBニュース)
posted by キノ シゲミ at 23:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。