2010年06月16日

日本、海外W杯で初勝利=堅守で逃げ切る―カメルーンに1―0(時事通信)

 【ブルームフォンテーン(南アフリカ)時事】サッカーの第19回ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、1次リーグE組の日本は14日、当地のフリーステート競技場でカメルーンと戦い、1―0で勝った。日本は海外開催のW杯初勝利。4度目の出場で、1次リーグの初戦で勝ったのも初めて。1998年フランス大会で指揮を執った岡田武史監督にとってもW杯初白星となった。
 日本は本田圭佑(CSKAモスクワ)を1トップに置く布陣で臨み、前半39分にMF松井大輔(グルノーブル)のクロスを本田が決めた。追加点はなかったが、堅守で逃げ切った。日本は19日にオランダ、24日にはデンマークと対戦する。
 同じE組のオランダはデンマークを2―0で下して白星スタート。連覇を狙うF組のイタリアはパラグアイと1―1で引き分けた。 

「オレ」ではなく名前を(産経新聞)
交通事故死、半数が高齢者(医療介護CBニュース)
<福島第2原発>1号機トラブル 金属棒の破損が原因(毎日新聞)
<雑記帳>落書きカメの捕獲失敗 山梨県職員ら(毎日新聞)
<八街強殺放火>47歳男を起訴 15歳長女は家裁送致(毎日新聞)
posted by キノ シゲミ at 11:39| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

障がい者制度会議、福島氏罷免で平野官房長官が担当(医療介護CBニュース)

 社民党の福島瑞穂特命担当相が5月28日に罷免されたことを受け、内閣府の「障がい者制度改革推進会議」の担当相を平野博文官房長官が兼任した。

 内閣府によると、福島氏が担当した業務はすべて平野官房長官が事務代理として行うという。内閣府の関係者は、「平野官房長官が(福島氏のように)毎回会議に出席するか分からないが、(福島氏の罷免による)障がい者制度改革推進会議への影響はそれほど大きくないだろう」と話している。


【関連記事】
障害者自立支援法改正案が可決、利用者負担見直し
障害者支援財源、5割増を―民主・谷議員
「民主党政権に失望」―障害者法違憲訴訟団
障がい者総合福祉部会が55人体制で初会合、6月に緊急対策案
初の省庁会合、議論が平行線にも―障がい者制度改革会議

<シー・シェパード>元船長、活動「引退」示唆 地裁公判(毎日新聞)
続投強調「頑張るの一点」=鳩山首相(時事通信)
野党4党 議長不信任案を提出 議運は上程せず(毎日新聞)
菅新首相誕生 ポスター張り替えどうしよう…(産経新聞)
JR新快速の速度計が故障 兵庫・姫路、影響8700人(産経新聞)
posted by キノ シゲミ at 14:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

マーケティングは社内から――インサイドマーケティングのすすめ(Business Media 誠)

 マーケティングというのは、原則として「顧客(市場)に対する仕掛け」を意味する。だが、会社の外に対するメッセージや仕掛けに集中するあまり、社内への浸透と徹底におろそかになっている企業はあまりにも多い。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 メディア環境が多様化し、顧客(非顧客も含む)との接点が拡大した現在、「マーケティングアクションがここ10年で数倍から10倍に増大した」と語るマーケティング担当者が多く、しかも、非常に短期的な費用対効果を期待される。さらに、ソーシャルメディアへの参入は、マーケティング担当者自らメディア化することとなるので、さらに多忙を極める。それゆえか、顧客への対応ばかりに気が移り、社内への啓蒙、共有といった、先に行わなければならないことがおろそかになってしまう。

 しかし、顧客への提案やPR、顧客との関係構築などに成功している会社は、むしろ、社内での戦略の浸透を徹底しているといえる。実際、アメリカマーケティング協会で、「マーケティングとは、顧客を創造し、伝達するため、そして組織とその利害関係者(顧客、株主、債権者、従業員、経営者、取引先、行政機関)に便益を与えるような方法で、顧客関係を確立するための1つの組織機能であり、一連の過程である」と20年ぶりに再定義された内容にあるように、そうした会社は「その組織と利害関係者」への施策に成功しているのだ。

●なぜ社内向けの伝達や啓蒙がおろそかになっているのか

 このような社内向けの伝達や啓蒙がおろそかになっている原因は、マーケティング担当者の多忙さばかりにあるのではなく、現在の環境変化にもよる。

 1つ挙げられるのは、購買の意思決定要因が非常に複雑化してきているということ。

 高度成長時代のように単純に「そのモノが欲しい」というニーズだけではなく、現在ではその商品やサービスの背景にあるストーリーや付加価値を検討しながら、類似する多くのサービスの中から選択するというプロセスを経て購入する。しかも、ユーザーからの情報や評判、評価を簡単に手に入れることができるので、商品提供側が何を言おうが、顧客はあらゆる情報を仕入れることができる。そうなると従来のワンウェイ訴求型プロモーションだけでは、そうした商品やサービスの価値をプレゼンテーションして納得してもらうのは、非常に困難になる。

 もう1つは、作り手側のメッセージが高度化し、クオリティが上がれば上がるほど、実際に営業やサービスに相対する顧客はギャップを感じることになるということ。例えば、高度な専門知識と顧客本位のソリューション力をメディアやWebで訴求する金融機関や、地球環境と利便性を両立させる住まいを標榜するハウスメーカーなど、企業側が啓蒙すればするほど、実際の営業マンからの提案や対応との落差があまりに大きいと落胆してしまった人は少なくないだろう。

 弊社で、「本質的な経営理念やビジョン・戦略の現場への浸透」についてアンケート調査を行ったところ、次のような結果となった。

 20%近い人が「興味がなく取り組む予定もない」と答えたことも驚くが、「成果が現れている」と答えた人も20%しかいない。

 マーケティング・調査や経営企画に「成果が出ている」という答えが多いのは納得できるが、現場で働く営業・販売部門における評価は低い。そして「危機感を感じている」「必要性は分かるが方策が分からない」層も約25%存在している。

 この結果を見ると明らかなように、問題なのはまず社内への浸透を課題だと認識していないことが1つ。そして、危機感や必要性を感じていながらも対応していなかったり、一応取り組んではいるものの成果がないとする人たちが約60%も存在するということだ。

●顧客との関係構築は、まず社内での関係構築から

 さらに、この「本質的な経営理念やビジョン・戦略の現場への浸透」への答えと、ほかの戦略面での関連を見た。すると、「功を奏してきた。今後さらに力を入れたい」と答えた人は、ほかの戦略面でも大きく成果を生んでいると答えている。特に、「自社Webサイトを活用した顧客との関係構築」「顧客の会員化や組織化、データベース化による囲い込み戦略」といった、顧客面への対応に成果を生んでいることが分かる。

 マーケティング活動には、顧客へ向けた発信に加え、顧客ニーズの吸い上げ、理解、共感といったインバウンド的な要素も含まれる。当然、効果的な発信を行おうとするならば、効果的なインバウンドも必要となる。インバウンドを得るには、やはり社内スタッフの手を借りることも必要となり、必然的に社内でもコミュニケーションも活性化するのかもしれない。

 いずれにしても、顧客との関係構築は、まず社内での関係構築から。この傾向は今後さらに強まるに違いない。(猪口真)

【関連記事】
一人勝ちアウディのブランディング戦略
不況でも伸びてます! 化粧品通販のマーケティングに注目せよ
“問い続ける男”が教えてくれる、“続けさせるマーケティング”――アウディ

<米軍岩国基地>新滑走路の運用開始 厚木の59機が移転(毎日新聞)
あなたが思う“クール・ジャパン”コンテンツは? 「ドラゴンボール」や「ジブリ作品」が上位に(Business Media 誠)
自殺・うつ病対策で企業評価向上=厚労省PTが報告書公表(時事通信)
アレフの被害弁済、20億円残=追加支払いは360万円-オウム事件
英国の呪われた土地に「再臨」 21世紀版「切り裂きジャック」(J-CASTニュース)
posted by キノ シゲミ at 15:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。